リビアングラス 意味 石言葉

リビアングラスの意味と色、石言葉など

神秘の天然ガラス、リビアングラス

リビアングラスの名前は、エジプト西部のリビア砂漠で産出されたことに由来しています。

 

リビアングラスの生成については、実は、はっきりしたことは解明されていませんでした。

 

内部にはたくさんの丸い気泡があり、鉄やニッケルと共に、隕石の成分が内包されていたため、おそらく隕石によって生成されたのであろうと推測されていました。

 

その後、人工衛星からの映像で、サハラ砂漠に「ケビラ・クレーター」という、クレーターが見つかったことで、この石は隕石による生成物であるという説がさらに有力になりました。

 

最終的には、リビアングラスは、およそ2900万年前に宇宙より飛んできた隕石が地表にぶつかり、大きな熱反応によって岩盤の一部が溶解され、急激に冷やされとことが起因して生成されたものとされています。

 

ツタンカーメン王の墓から発掘されたスカラベが、長い間カルセドニーとされていましたが、21世紀になろうかという頃にリビアングラスであったことがわかり、話題となりましたね。

 

 

爽やかなレモンドロップのようなイエロー

 

この石はテクタイト(隕石により生成した天然ガラス)の一種です。

 

一般的なテクタイトは不透明で黒か茶色なのですが、その中で淡いイエローの透明感のあるものだけがリビアングラスと呼ばれます。

 

テクタイトには淡いグリーンの透明感のあるものも存在しますが、それはモルダバイトと呼ばれています。

 

 

リビアングラスの石言葉

 

リビアングラスの石言葉は、ヒーリング、能力開花、自己表現、そして浄化です。

 

1ヵ月無条件返品OKの品質に自信をもつ専門店
フォレストブルー
  • 鑑別書あり(無しの製品も取り寄せ可)
  • 天然石一点ものを豊富に展示
  • 付属品:アクセサリーケース
  • サイズカスタマイズ対応